ランディングページ(LP) 顧客リスト収集

ランディングページ(LP)の書き方とそのコツとは?

更新日:

ランディングページ(以下、LP)には、
無料でメルマガに登録してもらうためのページや、
無料で資料請求してもらうためのページ、
また、商品を販売するためのページ
などがあります。

 

LPは、収益に結び付けるために、
とても重要なページと言えます。

 

ここでは、無料でメルマガに登録してもらうためのページ
ということを、前提にお話しします。

 

メルマガを発行するには、
メルマガを読んでもらう読者を集めなければなりません。

 

読者を獲得するに当たって、
まずは100人を目標にして集めていきましょう。

 

読者を増やしていくには、
メルマガが読者にとってどんなメリットがあるのか
ということを適切に伝える必要があります。

 

そのためにメルマガを紹介するページである
LPを作成しなければなりません。

 

LP作成のおススメのツール「Colorful(カラフル)」はコチラ

 

読者を効果的にメルマガへ呼び込むために、LPに書く内容とは?

① 読者へ伝えたいメッセージ

情報発信者の思いが読者へ伝わりやすく、
「こうしてほしい」
「こうなってほしい」
という気持ちを込めた
読者の共感が得られるようなメッセージが良いです。

 

② メルマガ発行の目的

どんな読者のためのメルマガなのかを単刀直入で表わす。
無料か有料かを明記する。

 

③ 読者のメリット

読者が、メルマガを読むことで得られるメリットを、
具体的に、箇条書きで、分かりやすく複数書く。

 

④ メルマガの概要

メルマガには、どのような内容が書かれているのかを
箇条書きで説明する。

 

⑤ 読者への特典

メルマガを受け取ると同時に、
どのような特典があるかを明記する。

 

読者が受け取る価値や、メルマガを登録する際の安心感を
与えることで、のちに読者との信頼関係につながります。

 

LP作成のおススメのツール「Colorful(カラフル)」はコチラ

 

メルマガのイメージに合わせたヘッダー画像を作ろう

情報発信者が描く世界を表現できるヘッダー画像があれば、
効果的です。

 

LPでまず最初に目に入ってくるヘッダー画像のイメージは、
あなたのメルマガの顔になるので、非常に有効です。

 

仮に、あなたがスピリチュアル系のコンサルタントだとして、
イメージに合わない農業系のヘッダー画像では、
コンテンツと合わないため、コンサルを受けるイメージが湧かないと思います。

 

つまり、あなたのビジネス(メルマガのテーマ)に合ったヘッダー画像が
重要になるのです。

 

たとえ風景写真であっても、ビジネスで叶えられるイメージ画像であれば、
問題ないです。このとき、イメージ画像に合ったメッセ―ジを添えるとよいです。

 

また、あなた自身の写真や店舗の写真でもクオリティが重要です。

 

ヘッダー画像を使うのであれば、この辺りも考慮する必要があります。

 

LP作成のおススメのツール「Colorful(カラフル)」はコチラ

 

LPの中でメルマガの登録フォームの設置場所とは?

読者登録するために入力する箇所は、複数用意するとよいです。

 

冒頭で読者へメリットを伝えた後に設置するのと、
最後に読者への特典を説明した後に設置するのとの
2箇所が望ましいと言われます。

 

これは、

 

読者へメリットを伝えたときに、、
読者の気持ちを盛り上げておいて、
そのすぐ後に、登録フォームを設置するのが、
一番、登録率が高いと言われます。

 

また、読者へ特典を説明したときに、
読者のメリット感を高めておいて、そのすぐ後に、
登録フォームを設置してもよいです。

 

さらに、LPが非常に長くなる場合は、
その途中で複数、設置しておいてもよいと考えます。
ですので、文面上で読者が登録したいタイミングで
登録フォームを設置するとよいです。

 

 

読者のメリットは一文ごとに分かりやすく

メルマガを読むことで得られるメリットは、
箇条書きで複数書きますが、
多すぎても、読者には伝わりにくいです。

 

なぜなら、メリットというのは、
感情を表すのではなく、具体的に、
読者が抱える問題をいかに解決できるかということ
だからです。

 

ですので、10個から20個ほど挙げておいて、
その中から、分解したり、組み合わせたりして、
3個や5個、あるいは7個ほどにまとめると
わかりやすくなります。

 

LP作成のおススメのツール「Colorful(カラフル)」はコチラ

 

全体の流れは感情の変化を意識する

人は理屈ではなく、感情に左右される生き物だと言われます。

 

LPでは、読者の感情の変化を意識しながら、
文脈を構成する必要があります。

 

そのためには、まず、
読者に対してどのようにイメージを与えていくのか

また、

読者がLPを読んでいく中で、
どのように感情移入していくのか、

そして、

どのようにすれば、
読者に登録フォームへ入力してもらえるのか

という全体の流れが重要になります。

 

読者の感情の変化を意識した上で、
感情がプラスに働いて、メルマガ登録へ結び付く
という流れを構成してください。

LP作成のおススメのツール「Colorful(カラフル)」はコチラ

-ランディングページ(LP), 顧客リスト収集

Copyright© Life Vision Navigate , 2018 All Rights Reserved.