コピーライティング コピーライティング(原理・法則編)

信用が得られる文章を書くための7つのポイント- FORCEPSフォーミュラ -

投稿日:

コピーライティングを行う際、
乗り越えるべき「5つの壁」があります。

・Not Reach  :届かない
・Not Open   :開かない
・Not Read   :読まない
・Not Believe:信じない
・Not Act    :行動しない

 

今回は、この中で
Not Believe(信じない)の壁を超えるための
コピーライティング・テクニックである

FORCEPS FORMULA (フォーセプス・フォーミュラ)

についてお話します。

 

ここでのコンセプトは、
商品やサービスの良さを証明できているか、
また、それらがより信用できることを証明できているか、
ということになります。

 

「FORCEPS」が意味するものとは?

「FORCEPS」は、ある言葉の頭文字をとって造語としたもので、、
世界的に有名なコピーライターのマイケル・フォーティンが提唱したものです。

 

① F:Factual Proof (事実証明)

② O:Optical Proof (視覚証明)

③ R:Reverse Proof (転換証明)

④ C:Credentialing Proof (信任証明)

⑤ E:Evidential Proof (証拠証明)

⑥ P:Perceptual Proof (知覚証明)

⑦ S:Social Proof (社会証明)

 

これら7つの証明に分類した見せ方が、
FORCEPS FORMULA (フォーセプス・フォーミュラ)
ですね。

 

さらに、くわしく見ていきましょう。

① F:Factual Proof (事実証明)

・うそ偽りのない、誰もが疑わない事実を客観的なデータとして見せて証明する

例えば、テスト結果、統計情報、データ、数字、など

 

② O:Optical Proof (視覚証明)

・分かりやすく、視覚に訴えて証明する

例えば、実際に稼いだ額の口座残高、報酬画像、手に入れたライフスタイルの写真

 

③ R:Reverse Proof (転換証明)

・同じジャンルの他社の製品と、機能面・性能面で比較する

・同じジャンルの他社の製品と、同じ価格で比較する

・違うジャンルの自社または他社の製品と、同じ価格で比較する

例えば、他社の3倍の吸引力があります。

レタス30個分の食物繊維が含まれています。

 

④ C:Credentialing Proof (信任証明)

・権威のある人に認められいることを証明する

・著名人や有名人、専門家からの推薦の言葉を載せる

・大学教授や学者、博士の言葉は、読者の理性に訴える

・タレントや芸能人の言葉は、読者の感性に訴える

・推薦者のプロフィールを載せると効果的です

 

⑤ E:Evidential Proof (証拠証明)

・実験の行為や過程、結果を見せる

・根拠のあるものとして、実際に試して有効性を示すことで、実証される

・文献を見せて、再現性を証明する

・デモンストレーション、検証の過程を示す
例えば、包丁やフライパンの実演

 

⑥ P:Perceptual Proof (知覚証明)

・例え話を交えて、知覚に訴え掛けるようにストーリーを描いて証明する

・読者が感情移入できれば、共感してもらい、本当のことのように信用される

なぜなら、
最後に、人は理性よりも感性で決断を下す傾向にあるため、
好きか嫌いか、買った後に理由付けするからである。

 

⑦ S:Social Proof (社会証明)

・社会的に証明されていることを示す

・実績を示して証明する

・テストモニュアル(実績者・モニター・販売者の声)などによって、
多くの支持があることを証明する

 

FORCEPS FORMULA (フォーセプス・フォーミュラ)を簡単にまとめると

① F:Factual Proof (事実証明) ⇒ テストデータの結果をご覧ください

② O:Optical Proof (視覚証明) ⇒ こちらが実際の画像です

③ R:Reverse Proof (転換証明) ⇒ 比較してみていかがでしょうか?

④ C:Credentialing Proof (信任証明) ⇒ 有名人の推薦も得ています

⑤ E:Evidential Proof (証拠証明) ⇒ 実験の過程や結果をお見せします

⑥ P:Perceptual Proof (知覚証明) ⇒ 例えて言うと、こんなストーリーがあります

⑦ S:Social Proof (社会証明) ⇒ 多くの実績者から支持されています

 

これらは、すべて網羅する必要はなく、
所々に散りばめて表現すると、
反応されやすく、成約率も上がります。

 

 

-コピーライティング, コピーライティング(原理・法則編)
-, , , ,

Copyright© Life Vision Navigate , 2018 All Rights Reserved.